不妊治療の検査の進め方

不妊の原因は複雑でわかりにくいもの
不妊症とひとことにいっても、その原因はさまざまです。また、原因がひとつとは限らず、複数の要因が複雑にからみあっていることも珍しくありません。

不妊の原因は男女双方にあることも加わり、特定するのがいっそうむずかしくなっています。通院を始めたら、焦らず、ひとつ一つ検査を重ねることで不妊の原因にアプローチし、治療を続けることが妊娠への早道となります。

女性は卵管に、男性は精子に原因があることが多い
女性のおもな不妊の原因は、卵子が育たない、排卵しないといった排卵障害、卵子や受精卵の通り道にトラブルがある卵管障害、受精卵の着床を妨げる着床障害などがあげられます。また、精子の動きを止めてしまう抗精子抗体や、卵管周囲癒着を引き起こす子宮内膜症などもあります。

男性の場合は、精子に問題があることが多く、精子をつくる造精機能のトラブルが大半を占めます。また、勃起や射精ができないなどの性機能障害も少なくありません。
さらに、妊娠したくてもセックスそのものから遠ざかってしまうセックスレスや、女性の晩婚化による妊娠力の低下などがあげられます。

原因がわからない「原因不明不妊」のケースも
検査をひと通り行っても不妊の原因がわからない場合、原因不明不妊と診断されることがあります。これは原因が「ない」のではなく「見つからない」ということで、不妊症に悩む夫婦の旧組に1組が、該当するといわれています。

妊娠のしくみ

すべての機能がちゃんと働いて初めて妊娠が成立します

まず、精子のルートを見てみましょう。セックスによって射精された精子は、子宮頚管を通って、子宮へと入ります。左右にある卵管へと移動して、卵管の先の陰部で卵子を待ちます。
一方、卵胞に包まれた卵子は、卵巣の中で大きくなります。成熟すると卵巣から飛び出して「排卵」、それを卵さい
管采が「ピックアップ」します。卵管にとり込まれた卵子に、待ち受けていた精子が入り込んで「受精」します。
受精卵は、卵管を通って子宮へと移動しながら成長します。子宮に到達して、子宮内膜に「着床」したら妊娠の成立です。
これらの働きのどこかに問題があると、妊娠には至りません。不妊治療は、その問題を発見して解決する治療です。

妊娠のための五つのポイント

  • 子は子宮にたどり着いていますか?
  • 卵管は通っていますか?
  • 画排卵・ピックアップができていますか?
  • 卵子と精子が出会って
  • 受精しましたか?
  • 着床しましたか?(妊娠成立)

卵胞が育つ

子宮のすぐそばに位置する卵巣で、卵胞が育ち始めます。卵巣には、生まれたときから持っている卵子のもと(原始卵胞)があり、それがホルモンの動きによって1周期に複数成長します。
一般的に排卵するのは、その周期中には1個だけで、複数成長した卵胞のl個(主席卵胞)が排卵に向けて、さらに成熟していきます。

子宮頚管粘液がふえる

子宮の入り口である子宮頚管では、排卵が近づくとホルモンの働きで、粘液の分泌量が増加。それにより精子が通りやすくなります。タイミングをはかるなら、この時期です!

return top